記事の詳細

10年ほどの経年劣化の後の台風での飛来物の直撃や地震の振動などでも容易にクラックが入ってしまいます。外見上の問題だけでなくひび割れは外壁にとっての末期症状ですので、ひび割れを発見した場合にはすぐに補修が必要となっています。

外壁は住宅の品質確保の促進等に関する法律が適用される箇所で雨水の浸入を阻止する部分に発生した瑕疵は施工者が10年保証しなければならない部分ですので、自分原因ではない破損の場合は建築会社に修繕してもらうことができます。しかし、10年が経過してしまいますと自身でメンテナンスを行っていく必要があります。外壁材の強度はメーカーによって差が生じてきてしまいます。

会社名:いろは株式会社
住所:〒286-0046 千葉県成田市飯仲14-3

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る