記事の詳細

快適な寝室を手に入れたいなら、現在の寝室をリフォームしてみてはいかがでしょう。

自然に目覚めたいなら日光の当たり方が関係していて、日光が当たりすぎると明るくなりすぎて安眠できないため、寝室の方角は重視しましょう。

窓は開放感を与えられるため寝室に設置するのがオススメですが、窓の位置や角度、大きさを考慮して配置しましょう。

照明の位置も重要ですから、眩しすぎない明るさを採用したり、間接照明を活用しましょう。

外からの騒音は安眠妨害に繋がりますので、対策として二重窓や防音材を活用して防音する事が大切です。

部屋の色も睡眠と関係しているため、寝室の壁紙や床に使用する色は暖色系やグリーン系の落ち着いた色合いを選ぶと、温かみがあってリラックスできますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る